weddings

先日、ウェディングブーケをご注文くださったお嬢さんがお礼にとお菓子を届けてくださいました。スタッフと美味しくいただきました🎵

 

ウェディング用のブーケは通常の花束とは違い、ワイヤリングやリボンの巻き上げなど、お花のデザイン構成だけでなく様々な知識とスキルが伴います。お花の種類によっても向き不向きがあったり、保ちの良さや発色、開花のタイミングなど様々な要素と、視覚的なバランスやデザイン、そして会場の雰囲気との相性やドレスとの相性、加えてお客様の好みのスタイル、全てを叶えなければなりません。また身長に対するサイズ感も重要で、様々な事を知っておく必要があるとっても深〜いお仕事なのです。

 

 

ウェディング用のブーケを決めるときにはそういった色々な要素を加味したうえで決定しましょう。個性やテイストがフローリストによって異なりますが、自分の好みを伝えた上で、あとはプロにおまかせしていると安心です。

 

筆者はちなみに海外でしたが、以前からお気に入りだった街のお花屋さんにブーケを注文し、当日ブーケとともに式場に行くと、偶然会場の装花がブーケのお花とほぼまったく同じで、まあまあショックでした!花嫁のブーケは会場装花と違うものにしましょうね。

それから、街のお花屋さんでウェディングブーケを注文するときに新郎用のブートニアを忘れないように必ず注文してくださいね。お花屋さんのほうからブートニアまで提案してくれるかは絶対とは言えません。筆者は花のプロなのにもかかわらず自分のこととなるとすっかり忘れていて、ダニエル(主人)はそのことを知らないまま私たちは挙式を終えました笑 日本じゃないので誰もそこまで気がついていませんでしたが。

 

ウェディングのブーケとブートニアの由来を知ればブートニア無しで挙式なんてありえないことなので、お花のことは知らない彼にはまだしばらくだまっておきます。

 

 

 

yuki uno